【絵本感想】やさいさん
2015 / 09 / 18 ( Fri )


地中に埋まったまま、じっとこちらを見つめる人参の表紙。その静かな眼差しがシュールです。

地中から野菜を掘り起こす話なので、根菜を中心とした野菜になります。(玉ねぎも出てきます)
「やさいさんやさいさん、だあれ」というお決まりの文句が繰り返されます。地中から茎と葉っぱが生えているページを縦にめくりあげると、「すっぽーん」という擬音と共に野菜が引っこ抜かれるシーンが出てきます。
野菜と思いきやモグラが出てくるシーンがあって可愛いです。
スーパーに売られている野菜は葉っぱや茎の部分がついてないので、畑に生えている時にどんな風に生えているのかも学べていいですね。

カラフルに描かれた野菜達は、グッズ化したら買ってしまいそうなくらい個性的で可愛いです。
ただ、サトイモさんが引っこ抜かれるシーン…。真っ黒なサトイモの集合体が無表情のまま、暗い瞳でこちらをじっと見つめているので、若干気味が悪くて、そこだけとばしてしまいます。個人的な好みの問題かもしれません。(娘は平気そう)

【読んだ時期】
11ヶ月

【娘の印象】
★★★★☆

【学べるもの】
野菜の名前。野菜の茎や葉っぱの形状。
14:52:12 | 絵本 | page top↑

| ホーム |