里帰りしない産褥期の準備
2014 / 08 / 16 ( Sat )
出産予定日まで一ヶ月を切り、大掃除と整理整頓に追われる日々を過ごしていました。

出産後は里帰りせずに夫婦で生活することに決めています。産後1ヶ月は夫に家事を丸投げできるよう、ベビー用品収納と同じく、他の場所も整理することにしました。

台所のメタルラックに置いているカゴにも項目を書いて、わかりやすく。
これはずっと前からやっていたことなので、私がつわりで台所に寄りつけない間も主人はそれなりに迷わずやっていけたようです。

fc2blog_20140812154744a3a.jpg

書類も一目でわかるよう項目分け。「あれどこにあったっけ?」がないようにしました。

fc2blog_2014081215471195c.jpg

洗濯用洗剤は柔軟剤やドライ洗剤などは省き、大人用洗剤、大人用漂白剤、赤ちゃん用洗剤の3つだけ残して置いておきました。

fc2blog_201408121547538cc.jpg

自分なら「すすぎ1回用洗剤」や「すすぎ2回用洗剤」を使い分けるのですが、下手に覚えることを増やすと悲劇を招く可能性があるので、すべて洗濯機デフォルト設定の「すすぎ2回」で統一することにしました。

夏場、週に1~2回交換しているベッド周りのリネンに関しては「1ヶ月くらい交換しなくても死にはしない。独身男性だと何ヶ月もほったらかしの人もいるくらいなんだから」と判断し、放置の方向で行くことにしました。(もちろん赤ちゃん用はしっかり洗う予定)

あとはルンバと食洗機があるので、なんとかなるでしょう。ルンバは週に1度、週末かけてもらえばなんとかなりますし、産褥期1ヶ月間だとたった4回にしかなりません。(育児部屋はもっと頻繁に掃除しますけど!)
食洗機の使い方は、私がつわりの間に主人のほうが上手になったくらいなので、完全にお任せ状態。風呂掃除も主人の得意分野となりました。

残る家事といえば料理ですが、これはやってもらう必要はありません。
仕事場から帰り、料理に追われる毎日は、さすがにきついでしょうから。

食材の買い物は生協の個別宅配を既に頼んでいます。母子手帳を貰った時から利用できる「子育てサポート」サービスを受けることにしました。(宅配料がお得になります)
朝食はシリアルやパン、果物や野菜をかじってなんとかやっていけそうな気がします。

生協の夕食サポートを夫婦二人分頼む予定です。
すでに現在、夫の分だけ取っています。栄養バランスもしっかりして、ヘルシー。月~金の夕食は冷蔵したお弁当で、土日は希望者のみ冷凍で届けてくれます。

fc2blog_2014081215480997e.jpg

私の平日の昼食と、週末の夫婦の昼食は、セブンイレブンの宅食サービスセブンミールに頼むかもしれません。

ベビー用品などの買出しはアマゾンファミリーに登録して発注する予定ですし、とにかく便利なサポートがたくさんあるので、利用していこうと思ってます。

産後お手伝いサービスの利用も考えましたが、主人が「他人を家に上げて、もし何か物がなくなった時に誰かを疑うのがイヤ。だったら自分が家事をやる!」と言っているので、頼まない流れになりそうです。
お手伝いサービスが来ている間は昼寝したくてもできない…というレビューも見たことがありますし、主人がやってくれるなら任せたいので、頑張りに期待したいと思います。
とりあえず「手抜きできるところは手抜きするように!」と伝えておきました。
11:37:52 | 妊娠中 | page top↑
ベビー用品収納
2014 / 08 / 15 ( Fri )
空調が利き易い一番小さな4畳半を育児部屋とし、クローゼットの上半分を育児用品のために空けました。
世の中にはベビー箪笥というものもありますが、4畳半にはシングルベッドとベビーベッドとPCデスクが並んでいるため、収納家具を置くスペースはありません。すべてクローゼット内に収めることにしました。

まだまだ余裕があります。



収納には、半透明マスキングテープとマジックで項目を書いて貼り付けてあります。

fc2blog_20140812154734fee.jpg

小さいのに種類が多いベビー服には、100均のファイルスタンドを使うことにしました。移動も楽です。



ファイルスタンドの奥には、成長した後の服、季節もの、離乳食の食器など、今は使わないものを入れてあります。



同じく100均の半透明のファイルボックスに、抱っこ紐、おもちゃ、母乳パッドなど、細々したものの収納場所を確保。



棚にもマスキングテープを貼り、A~Jまでのアルファベットをふりました。



こんな感じになります。

20140815.jpg

育児に手がいっぱいで主人に手伝ってもらうとき、「そこにある服を取って…右の下!!」と曖昧な場所を指定するのではなく、棚のアルファベットと収納の名を告げることで余計な争いを避けようと思いました。
育児中、精神的に余裕のない状況に追い込まれるのは目に見えてますし、「人にいちいち説明して頼むくらいなら自分でやる!」と一人で抱え込んでしまいそうな気がしました。なぜか疲れてる時ほど人って無理してしまうんですよね。そんな状況は避けねばなりません。

このエリア・項目分け、すでに子育て前から活躍しています。突発的な股関節痛で腰が抜けて立てなくなった時、主人に物を取ってもらうのが大変楽でした。

主人も「うちの仕事場みたい!わかりやすいね」と言ってました。

事務員時代にテプラを使って事務所の誰でもわかる収納をしていたので、それを活かせてよかったです。誰でもわかる収納で「ひとりっきりの育児」を回避したいです…!
20:47:03 | 妊娠中 | page top↑
つわりとの戦い
2014 / 07 / 27 ( Sun )
あまりに体重が迷走しているので、妊婦用体重管理のブログパーツを配布している赤ちゃん&子育てインフォに登録して、体重の推移を見ることにしました。PCから見るとブログ左下に表示されるよう設定しました。

140718.gif

※このブログパーツは産後外しました。

続きを読む

11:41:34 | 妊娠中 | page top↑
占領されるベビーベッド【猫写真】
2014 / 07 / 08 ( Tue )
猫と赤ちゃんとの同居のために、参考にしたサイトがあります。
「猫と妊婦・赤ちゃんが同居するときの注意(3/5)」

まずは、猫に新しい家族が増えることを理解させるために予行練習をしてはいかがでしょうか。早めにベビー用品を購入し、赤ちゃんに見立てた人形を用意します。検診などで産院に行くときは、タオルなどを持参して看護士さんに協力してもらって、そのタオルに赤ちゃんやミルクなどの匂いを付けてもらいましょう。それを持ち帰り、用意してあるダミーの赤ちゃん人形をそのタオルでくるみ、猫に人形の匂いを嗅がせてください。嗅いだことがないニオイに猫は敏感に反応しますので、あらかじめ上記のような方法で「赤ちゃんの匂い」を認識させておくのです。
赤ちゃんの部屋で、実際にやるように人形を抱っこしてあやしてみせて、飼い主がそのような動作を取ることに慣れさせておきましょう。


IMG_5064.jpg

6月初旬に購入したベビーベッドに、家にあった黒猫のぬいぐるみ(ティッシュカバーに布を詰めただけ)を置いてベビー服を着せました。

ベビーベッドの木材の匂いがしている間はベッドに乗らなかったハルちゃん。でも、匂いがなくなるにつれ……。

IMG_4973.jpg

ん?

IMG_4976.jpg

お手々ぴっとり

IMG_5001.jpg

あれれ?

IMG_4984.jpg

なんということでしょう……ハルちゃん、すっかりこのぬいぐるみを気に入ってしまいました。

追記に今まで撮った写真を並べていきます。
続きを読む

10:33:13 | 妊娠中 | page top↑

| ホーム |